SBI証券 – バンガードETF取扱い開始(10/14~)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

このタイミングは良いのか悪いのか?
マネックス証券・楽天証券に遅れること半月、SBI証券もバンガード社のETF2種の取扱い開始をアナウンスしました(10/14より)。

バンガードと言えば、やはりコストが安い事が魅力です。
STAMグローバル株式インデックスオープンの信託報酬年率0.770%に対し、海外ETFではiShares MSCI KOKUSAI Index(TOK)の0.25%、あるいは、VTI(0.07%)+EFA(0.34%)など。

最近の株価の下落率からすると、全く考えるのも馬鹿らしいコスト差なのですが・・・この先もインデックス投資の長期戦と決め込んでいます。
私の場合、やはり気にするべきは信託報酬などのランニングコストの差だと。

今後も、年に1回程度は海外ETFへリレーしていくつもりです。

※ ちなみに、マネックス証券でも、先日楽天証券が取扱い開始を案内した4銘柄(ICLN、NUCL、IGF、WOOD)の取扱い開始が案内されています



スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)