「インデックス運用に勝つ」?!

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

今週の日経ヴェリタスでは、「インデックス運用に勝つ」と言う大胆なテーマを基に、下記の編集部のお勧め投資本が紹介されていました。

これらを読んだところで、インデックス運用に勝ち続ける事ができるとは思いませんが、天才投資家のお話はインデックスとかアクティブとか運用スタイル関係無しに、万人にとって面白いものだと思います。

株価もじたばたとあがいても仕方が無い状態ですので、秋の夜長に読書でもしましょうか。

<銘柄選び・投資戦略を学ぶ9冊>

(メアリー・バフェット /デビッド・クラーク著、日本経済新聞社 )

(三原淳雄監修、イーストプレス)

(ベンジャミン・グレアム著、バンローリング)

スポンサーリンク

(ピーターリンチ著、ダイアモンド社)

(井手正介著、日本経済新聞社)

(ジム・クレイマー著、日本経済新聞社)

(國貞克則著、朝日新聞出版)

その他に、「投資の心得を身に付ける5冊」「株価回復の時期を読む3冊」「インデックス運用の力を知る3冊」が紹介されていましたが、これらはまたそのうちに。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. silencejoker より:

    ばふぇっとさんは、今の時点でも株式のインカムで暮らしていけますが、さらりーまんはだめっすよ ><;
    なので、毎月の給料からドルコスト平均法でこつこつ易い時期にお買い上げしていきます!

  2. じゅん@ より:

    >silencejokerさん
    ドルコスト平均法は思考停止型だと馬鹿にされがちですが、まとまった資金の無い人間にとっては、毎月の給料からこつこつ定額を積み立てる方法は強力なツールだと思っています。
    自分のスタイルで地道に行きますよ。