2008年3Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今日から2008年も4Qとなり、仕事もそろそろ今年の締めを意識する頃となってきました。

2008年3Qの投資収益率は(一日遅れの本日現時刻までの値で計算しましたが)、-14.3%(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、手数料・既払税等込み)、投資信託の購入を始めてからの全期間(2006年2月より)では-23.01%となりました。

2008年9月末現在の配分

日本株32%、外国株56%(うちエマージング12%)、外国債券7%、外国REIT 4%

銘柄 コスト 投資収益率(累計) 投資収益率(3Q)
TOPIX連動型上場投信(1306) 信0.1155% -21.9% -9.5%
RN小型コア上場投信(1312) 信0.525% -26.5% -14.1%
インデックスファンドTSP 販0%、信0.53%
SPY 0.0945% -33.4% -6.8%%
IVV 0.09% -12.3% -8.2%
EFA 0.35% -29.5% -14.3%
EEM 0.75% -23.4% -22.4%
STAMグローバル株式インデックス 販0%、信0.777% -9.1%
FWF エマージング・マーケット 販0%、信1.5% -34.8% -30.9%
中央三井外国債券インデックス 販1.05%、信0.735% +5.0% -4.4%
DIAMワールド・リート・インカム 販0%、信1.58% -24.6% -10.9%
STAMグローバルREITインデックス 販0%、信0.83% -8.1% -0.3%

外国株クラスとして積み立てていた「PRU海外株式マーケットパフォーマー」は、前期に売却しETF(IVV+EFA)へリレーしており、今期からは「STAMグローバル株式インデックス」を積み立てています。PRUからSTAMへ変更した事で、若干コスト(信託報酬+信託財産留保額)が低下しました。

また、積立を停止し保留していた「DIAM中国関連株式オープン」及び「HSBCブラジルオープン」は、積立継続中の「FWF エマージング・マーケット」とあわせて、「EEM」へリレーし新興国株クラスをシンプルにしました。先行きが不透明な時に特定の国を偏って保有しているのはリスキーだという判断でしたが、結果としては良い判断だったと思います。

年初に立てた年間貯蓄目標額(貯蓄・投資に回した金額)に対しての、3Qまでの進捗は88%となっており、残り3ヶ月で十分達成できる見込みです。運用成績はパッとしませんが、家計の計画が予定通りに進んでいる点だけは満足しています。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)