ブラックマンデー以来の記録的急落

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

教科書で習った1987年10月のブラックマンデーは、ダウ平均の終値が前週末より508ドル低下(-22.6%)、翌日の日経平均株価は3,836円安(-14.9%)と、とんでもなかった訳ですが、昨夜のNY市場の急落も低下ポイントでは史上最大(-777.68ドル)、パーセントでもブラックマンデーに次ぐレベルの低下(-6.98%)という、記録に残る1日となりました。

より幅広い銘柄を含むS&P500種株価指数は106.62ポイント低下(-8.79%)、ナスダック指数は199.61ポイント低下(-9.14%)、ちなみに今日の日経平均は483円75銭安(-4.12%)

当面景気が悪く、私の運用成績も低迷するかもしれませんが、広く分散されたインデックス投資なら倒産で紙切れになって退場という事態はあり得ない訳で・・・

また、こんな最悪のところで狼狽売りなんてしなくて良いよう、やはり「リスク資産への投資は余裕資金で」という事が大切ですね。

「含み損もエラク増えたなぁ」と、まるで他人事のように感じるのは、バイアンドホールドの境地に近づいたのか、単に感覚が狂ってしまったのか。。。。

いずれにしてもここで慌てて行動しても仕方が無いです。
米金融危機で再認識した事項」でも書いた様に、まずは、リスクを取りすぎていないかを再確認。今は買い時には違い無いでしょうが、行動を急いで傷口を広げないよう、私はこれまで通りに自動積立で続けていきます。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)