マネックス証券 – 本日よりバンガードETF取扱い

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

既に多くのブログで取り上げられている通り、先日、金融庁への届出をしたとニュースになったバンガードのETFのマネックス証券での取り扱い開始がアナウンスされました。(9/19追記:すかさず楽天証券も9月26日(金)から取扱いと発表。)

S&P500インデックス(IVVやSPY)はアメリカの大型株の指数で米国株の時価総額の約75%を押さえる事ができますが、過去のパフォーマンスは小型>中型>大型の順であり、この点からは中小型株も含むVTIの方が好ましいかもしれません。

VTI.gif

コスト面でもVTIの管理報酬は0.07%と、IVV(S&P 500 Index Fund)の0.09%に比べて安くなっています。

最近の組み入れ銘柄数もVTI 3,497銘柄、IVV 501銘柄と問題なし。

直近3ヶ月のAverage VolumeはIVV 4,113,050口、VTI 1,714,760口と若干少ないものの充分。ちなみにTOK(iShares MSCI Kokusai Index Fund)が36,823口というレベル。

非常に魅力的な商品となっています。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)