SBI証券「外貨建債券関連サービス」開始

この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。

マネックス証券の海外ETFは、8月11日(月)口座開設 申込受付開始とアナウンスされましたが、日程以外目新しい事は無く、詳細についてはもうしばらく待つ必要があるようですね。楽しみです。

今日のニュースとしてはむしろ、SBI証券の新しい外債サービス開始の方が、インパクトが大きいニュースかもしれません。
外債が外貨で取扱い可能というのはマネックス証券でも行われているサービスですが、SBI証券では途中売却時に強制円転されないようになるそうです。(マネックスでは途中売却時には円転されます。楽天証券では(現状で)円貨決済しか選べません。)

SBI証券では2008/8/25(月)より、新たな「外貨建債券関連サービス」がスタートいたします。
既に今春予告しておりました外貨建債券決済サービス(外貨建債券の買付、利金、償還金、途中売却金を当該債券の現地通貨で決済いただけるサービス)を開始し、さらに既発外貨建債券のインターネットでの取扱を開始する予定です。

☆ 為替取引サービス スタート!
これまで、外貨建債券の買付方法は円貨決済のみに限られていましたが、今後は都合に応じて、円貨決済または外貨決済を選択可能。債券の買付と為替取引を別々に行うことができる。

☆ 利金・償還金の外貨受取が可能
利金と償還金について、これまでは円貨での受取のみに限られていましたが、今後は通貨ごとに受取方法(円貨もしくは外貨)を設定可能。

☆ 既発外貨建債券のネット取引スタート
これまでコールセンター取扱いだった既発外貨建債券がインターネットで取引可能に。
保有外貨建債券の時価も、インターネットにて確認可能。

※外貨建債券の買付注文は円貨決済と外貨決済をお選びいただけますが、売却注文(途中売却時)は外貨決済のみとなりますので、円貨への為替取引はお客様ご自身で行っていただく必要がありますとの事。

いつも応援ありがとうございます
投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローをお願いします

おすすめ記事

おすすめ記事

スポンサーリンク