新興国株ETFの接戦(EEM vs VWO)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私は、新興国株式クラスについては、iShares MSCI Emerging Markets ETF (EEM)をSBI証券で購入していますが、expense ratio 0.74%がかかります。

対して競争相手とされるVanguard Emerging Markets (VWO)は、0.25%とコストがかなり安いんですね。
こちらは今のところ国内では扱われていませんが・・・バンガードのETFが国内で取り扱われるようになると、いずれやって来るのでしょう。
※2008年11月、楽天証券とSBI証券にて取扱い開始されました。

コストだけを見るとバンガードの圧勝ですが、 その他にも両者には違いがありそうなので、以下にポイントを比較しておきます。

6/30付け、HP上の情報より。EEMの国別組み込み比率は16%がブラジル、次に、中国(11.99%)、韓国(11.95%)、ロシア(10.6%)、台湾(9.94%)、南アフリカ(7.4%)という順番です。
また、335銘柄を組み込み、 トップ3の持ち株はガスプロム(4.17%)、サムソン(3.2%)、ペトロブラス(2.8%)。

一方、6/30付けのVWOはブラジル(17.6%)、韓国(12.7%)、中国(11.1%)、ロシア(11.1%)、台湾(10.6%)、南アフリカ(6.7%)の順の組み込みとなっています。
こちらは822銘柄とEEMより多く、トップ3の持ち株はガスプロム(4.1%)、中国移動(2.4%)、ペトロブラス(2.2%)。

両者で国別比率、銘柄など違うと言えば微妙に違い・・・VWOの方がアジア偏重という話もあるようですが、どうなんでしょうか。微妙なところです。

明らかにEEMの良い点は流動性でしょうか。 ここ3ヶ月平均で1日5000万以上のVolumeがありますが、VWOは180万と対照的。 VWOは少ないと言っても個人が長期で持つのに十分な流動性ですが。

パフォーマンスについては、両者接戦となっています。

EEM vs VWO

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)