マネックス証券 – 米国上場ETFに関するアップデート

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

期待のマネックス証券の海外ETF取扱いに関して、延び延びになっていますが、本日新たにHP上に案内が出され、少し状況が明らかとなりました。

今般取扱い開始予定の米国上場ETF・株式では、お客さまの利便性向上の為、マネックス証券のログイン後画面から米国株取引画面に再度ログインすることなく、直接取引画面に遷移する機能(シングルサインオン)の実装を予定しております。
今般の取扱い開始時期の遅延は、当機能の作動が当社の期待する水準まで達していないことによるものであり、これらの最終的な調整・修正に時間を要していることから生じております。
サービス開始時期は現在8月中を予定しておりますが、確定次第、あらためてご案内いたします。

との事。
遅延の原因が何なのか?やきもきしていましたが、少しスッキリしました。
また、サービス内容についても一部情報が開示されています。

取扱い銘柄
ニューヨーク証券取引所(NYSE Arcaを含む)、アメリカン証券取引所、ナスダック証券取引所に上場する米国ETF54銘柄
米国の株価指数の他、新興国を含む世界各国の株式指数、株式以外の資産を対象とする債券、不動産、コモディティの指数等、バラエティ豊富な資産に連動
ダウ工業30種平均株価を構成する個別株式30銘柄
本邦初となるバンガード運用の米国ETF銘柄の取扱いも準備中
手数料
取引手数料は業界最低水準の一約定につき25.2米ドル(税込)
売買は1株(口)単位から可能
取引方法
ニューヨーク現地時間9時30分から16時まで、リアルタイムに取引可能
口座開設から取引までウェブ上で完結

サービス内容については、HP以外のソースより漏れ伝わっていた内容以上のものは無いようですが、こうしてHP上に発表された事でようやく正式に確認がとれました(スッキリ)。

バンガードのETFがついに来ますね!

 

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)