ETF売買単位小口化の件

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

多くの方が注目され、既に多くのブログ記事に書かれている様に、野村AMのETF売買単位が10分の1に下がるようです。

 野村アセットマネジメントは9月1日、「TOPIX連動型」と「日経225連動型」など22本の上場投資信託(ETF)の売買単位を大幅に引き下げる。現在の最低売買金額は8万―34万円程度だが、いずれも10分の1の金額にする。ETFをより少額の資金で取引できるようにして、個人投資家の売買を活性化する狙い。

NIKKEINETより

確かにこの金額からETFを購入できるのなら、現在行っているように「インデックスファンドTSP」から「1306」へのリレー投資という面倒な事をせずに、毎月直接ETFを購入しても良いかもしれません。

しかし!本業を別に持つサラリーマンとしては(少なくとも私は)、ETFではファンドのように毎月自動積立できないという事の方が、よっぽど面倒に思います。
自動積立の楽チンさに浸かってしまうと、投資タイミングを気にしていた頃には戻りたくないのです。
ETF小口化により日本株インデックスファンドの存在意義が無くなるとまで言うのは、まだちょっと早急すぎるでしょう。

  • ETFの積立では定額購入できないので、ドルコスト平均法とならない。
  • 購入手数料がかかる場合がある(10万円以下は無料だったりする証券会社を選べば良いのですが)

なんて、デメリットもETFでの積立にはありますが・・・個人的には、このあたりはあまり気になりません。

やはり、自動積立のところが、インパクトが大きいように感じるんですよね。
こう考えると、逆に、ファンドの方を売りたい証券会社さんは、自動積立サービスの充実に更に力を入れる事で、差別化を計れるかも?
(対応銘柄の充実、銀行引き落とし、クレジットカード口座引き落としへの対応、積立日の自由な設定、金額の自由な変更など)

まぁ、実際どうするかは、またその時(9月以降)の気分かもしれませんが、今のところ私はファンド積立からのリレー投資継続派という事で。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)