基礎的財政収支、赤字幅拡大

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

本日のニュースより。

経済財政諮問会議の民間議員が22日夕の諮問会議に提出した参考試算によると、2011年度の国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス)の対GDP比は、景気低迷による税収減などから、1月に示された当初試算でのマイナス0.1%から下方修正され同マイナス0.7%となった。
 赤字幅は額にして1月時点の7000億円程度から3.9兆円程度に拡大。政府が財政健全化目標として掲げる2011年度のプライマリーバランス黒字化は一段と厳しくなった
 
 「基本方針2006」を踏まえて、2007年度─2011年度の5年間で14.3兆円の最大限の歳出削減を行い、かつ、政府が掲げる成長力強化策の政策効果が発揮できる場合でも、黒字達成は厳しく、最大限歳出を削減しても高い成長が実現しないケースや歳出削減幅が5年間で11.4兆円の緩やかな改善の場合には、基礎的財政収支の赤字幅は最悪7.9兆円まで悪化する見通しとなった。 

私は決して国家破綻論者ではありませんが、こういうニュースを見ると、日本の将来に悲観的になってしまいます。

先日ニュースになったように、来年度にせまる年金の国庫負担引き上げの財源すら見通しが立っていません。

その理由は選挙があるから?!(はぁ?)

スポンサーリンク

国の財政は「再生団体」並みとの財務省試算」という話もありましたが、このような状況でも政治家も官僚もなんだか危機感に欠けているように感じています。

いきなり国家破綻となる訳は無いと思いますが、こういう所への不満が日本売りの要因として鬱積していくのじゃないかな?・・・将来は円安、インフレ?!

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)