日本一の山より

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

「インデックス投資交流会」という楽しげなイベントも催されていたこの3連休ですが、私はというと、妻と富士登山(&河口湖方面)へ出かけていました。日本の頂点に立つと、やはり感無量です。健康な肉体に感謝!

富士山頂より御来光

山頂より雲海を望む

富士山に 登らない馬鹿 二度登る馬鹿」と言う言葉がありますが、私は何故か今回が3度目の大馬鹿。
しかし、妻は登った事が無いという事で、一度は行かないとねと、この3連休に富士登山を企画しました。

ルートは、富士宮口より。山小屋宿泊無しの夜登山です。
下山後の宿を河口湖畔に予約していた為、富士宮口では反対側になるのですが、3776M地点である剣ヶ峯に一番近い事と、私が経験があるルートである事が決め手でした。

  • 14:30 自宅をマイカーで出発
  • 17:30 富士宮市内のファミレスで夕飯
  • 18:00 水ヶ塚駐車場着(マイカー規制の為、ここから5合目まではバス)
  • 20:00 5合目出発
  • 4:30 御来光直前ギリギリに山頂到着、剣ヶ峯へ
  • 7:00 下山開始
  • 12:00 5合目到着

この時期、混雑は覚悟していましたが、想像以上に混んでいます。時間には余裕をもって、かなり早めに出発したのですが・・・9合目以降は前に人がつっかえていて全く動かず。まさか登りに8時間以上かかるとは・・・(学生の頃は5時間もあれば余裕だったのですがね)。

この時間のかかりっぷり、さすがに10年ぶりの富士山とあって、私の体力の衰えが大きいですが、世界遺産に認定される日も近いと言う事で、登山客が増えているのかもしれませんね(しかし、昔はゴミが多かった富士山ですが、皆の意識が変わったのか凄くキレイになりました。良い事です。)

今回、写真(上)のように御来光は少し中途半端な場所からとなってしまいましたが・・・何度見ても感動します。
これをライブで見る為に、人生で一度は富士山に登る価値はあるでしょう!

雲海などの風景もすばらしく、山頂でゆっくりできれば良いのですが・・・さすがに、空気が薄く、寝不足で体力も奪われていますし、なにしろ寒い!!(山頂は4℃程度。風が強いので体感はもっと低いですが)
実際、妻も私も中盤以降は死にそうな顔で写真に写っていますが・・・一刻も早く降りたいというのが本音。

さすがにこれでもう二度と、うちの夫婦は富士山に登ろうなんて言わないと思いますが(毎回、登った直後はそう思うものですが)、一度も登った事が無い方には是非この夏のチャレンジをお勧めしますよ♪

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)