借金では金利リスクを取る日本の家計

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

本日の日経新聞19面、「景気指標」欄より。

日本の家計はリスクを避ける傾向が強いと言われ、金融資産に占める現金・預金の割合が約5割と高い事は良く知られています(米国人は、現金・預金の比率が1割程度で、株式・投資信託・債券などが約5割を占める)。

一方、最大の負債(借金)である、住宅ローンの内訳を見ると(国土交通省:平成19年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書より)、2007年度の9月末時点で、変動金利型が36%、期間2-5年の短期固定金利型も含めると77%、逆に全期間固定金利は6%となっています(米国では全期間固定金利型が7-8割)。

お金の運用ではリスクを抑え、お金の調達ではリスクを取る。
これって冷静に考えるとおかしな話ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

うちも住宅ローンを抱えていますが、迷う事無く全期間固定金利型を選びました。金利を余計に払う事になるかもしれませんが、額が大きいだけに変動や短期固定金利のリスクは非常に怖いと思うのですけどね。
当面、デフレが続くという考えの方がそんなに多いのでしょうか?!

私が住宅ローンの検討をしたのは3年ほど前でしたが、地元の金融機関(ディベロッパーも)は短期固定金利型を強く推していて、フラット35など長期固定金利型については、チラシすら用意されていませんでした。
結局、インターネットより「SBI住宅ローン」を選び、フラット35を自分で手続きしたのですが。。。

もしかしたら・・・金融機関が売りたい商品が優先されているという事情も隠れているのかも?

いや~、固定金利型がこんなに少ないというのは、本当に意外なデータでした。

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)


コメント

  1. 住宅ローンをたくさん借りているので、この記事私も注目しました。
    でも、私の場合は全額固定です。
    金利って、上がりそうでなかなか上がらないんですよね。日本の場合は、好景気で資金需要が旺盛になって金利が上昇することは想定しづらいですが、財政悪化や日本売り・円安等に伴う「悪い金利上昇」は十分想定されますね。

  2. TAD。 より:

    全くの偶然なのですが似たようなネタを書いてしまいました・・・
    私の場合も迷わず35年固定金利にしました。
    5年前だったので底値で固定できました。
    フラット35の前身の住宅金融公庫ラストチャンスで借りれたのもラッキーだったと思います。

  3. じゅん@ より:

    >レバレッジ君さん
    私のまわりも、今は長期固定金利のローンの人がほとんどなので、この記事は本当に意外でした。
    確かに日本の場合「悪い金利上昇」の方が、容易に想像される気がします。。。
    >TAD。さん
    記事を読ませて頂きました。定年後、賃貸を借りられないケースというのは、考えにありませんでしたが、これは切実な問題ですね。

  4. 本人達は、単に、目先の金利負担が低い方に目が行っているだけで、長期で金利リスクを取っているという意識は希薄なのではないかと推測します。
    個人の勉強不足もあるでしょうが、金融機関側の誘導の影響が大きいのかもしれません。金融機関のほうが金利リスクに敏感なはずですから。

  5. Alvis より:

    初めまして。
    住宅ローンについて真剣に検討する必要が無かった、日本の一般的(?)な考え方であった私にとっては「米国では全期間固定金利型が7-8割」の件の方が驚きでした。
    しかし、全期間固定金利型を選択しないと言う事は将来に対してリスクを取っている、という意見にはとても納得しました。
    確かに全期間固定金利型を選択していない人達の中で、リスクを取っているという認識を持っている人達の割合って、どの位なのでしょうね?
    最後に…
    昨年に身内が分譲マンションを購入しましたが、5-10年程での買い替えを検討している事から、10年固定金利型ローンを選択したそうです。(10年で完済予定なら35年固定金利型よりコストが安いので)
    最終的には自身のライフプランや考え方等から、納得した上で選択していれば良いのかなと思います。

  6. じゅん@ より:

    >水瀬さん
    さすがに金額が大きいので、個人もそれなりに考えた上でローンを組むと思うのですが・・・特に借りる側は立場も弱くなりがちですし、金融機関の誘導にうまく丸め込まれないように、自分で勉強して判断する事が必要ですね。
    >Alvisさん
    コメントありがとうございます。
    私の弟は全期間固定金利ではないタイプの住宅ローンを昨年組みましたが、一応、経済学部卒の彼は良く考えた結果の選択でした。皆がきちんとリスクを考えた上で選んでいるのなら良いのですが。