フィデリティ証券でも「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」ほか取り扱い開始

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」さんほかで、最近噂のエマージングインデックスファンド、「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」ですが、先日5/1より取り扱い開始と発表されたジョインベスト証券に引き続き、5/13より取り扱う旨、フィデリティ証券からも発表がありました。

フィデリティ証券にて新規に取り扱われるファンドは以下の9本

  • 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
  • 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券
  • 年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)
  • 年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)
  • 年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジあり)
  • 年金積立インデックスファンドTOPIX
  • 年金積立インデックスファンド日本債券
  • エマージング10
  • アライアンス・バーンスタイン・グローバル・グロース・オポチュニティーズ

年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式及び債券については、申込み手数料(上限)が1.050%との記載になっています。詳しい事は販売開始日の朝まで掲載されないとの事ですが、ステップ・BUY・ステップで積立にするとノーロードとかならないものですかねぇ?(少しだけ期待しています)

エマージングファンドについては、現在「FWFエマージング ・マーケット・ファンド」を積み立てており、適時EEMへリレーする予定ですが、FWFは販売手数料が無い分(信託報酬が少々高くても)、結局は安くなりそうなので私はこちらを継続予定(そもそもアクティブファンドとインデックスファンドという違いがありますが)。

ただし、「年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」については今後の運用状況をモニターしていきたいと思います。

追記(5/2):マネックス証券においても、2008年5月16日(金)より、「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式(ヘッジなし)」及び「年金積立 インデックスファンド海外新興国債券(ヘッジなし)」の取扱いを始めるとの事。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)