SBI証券も貸株サービスを始めます

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

24日付けのリリースにて、SBI証券でも貸株サービスを開始すると案内がありました。

貸株サービスとはお客様が保有する株券を当社が借り受け、お客様に貸株料をお支払いするサービスです。当社はお客様からお借りした株券を主に「貸株市場」で運用し、機関投資家等に貸出します。これにより個人投資家の皆様が直接参加できない「貸株市場」へ間接的に参加できる仕組みを提供し、お客様は保有する株式を売却することなく、貸株料収入を得ることができます。
貸株サービスの開始につきましては、以前より多くのお客様からご要望をいただいておりました。当社では個人投資家の皆様に、保有資産を効率的に活用して資産運用を行っていただける機会を提供することを目的として、当該サービスの開始を検討してまいりましたが、本年7月以降の予定でサービスを開始できる見込みとなりました。
サービスの開始日及び具体的詳細につきましては、今後決定いたしましたら速やかに当社WEBサイト上で発表させていただく予定です。

貸株サービスについては、これまで「マネックス証券」の独壇場で、私もこれ目当てに国内ETFはマネックスで購入してきました。今年に入って「カブドットコム証券(2008年2月より)」でも貸株サービスが開始され、ここに「SBI証券」が加わる事で、金利競争が激しくなるでしょうし、利用者の移動も起こるんじゃないかな?

貸し株に出した株券は「分別管理」の対象外という事で注意が必要ですが、長期投資家にはありがたいサービス(長期保有株隠れた活用術)。口座を分散する事ができると、証券会社倒産によるリスクの軽減にも役立ち、嬉しいニュースです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)