三菱UFJ世界国債インデックスF(年1回決算) ジョインベスト証券も取り扱い

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

これまででしたら外債ファンドには、中央三井外国債券インデックスファンドを取り上げたところですが、2008年3月31日に新規設定され、現在信託報酬率最安となる外債インデックスファンド「三菱UFJ世界国債インデックスF(年1回決算型)」が、カブドットコム証券に加え、ジョインベスト証券においても4/4(金)より取り扱い開始されると案内がありました。

・販売手数料 なし
・信託報酬 年率0.63%(税込)
・信託財産留保額 なし
・ベンチマーク シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)

信託報酬率が最安という事に加え、信託財産留保額もなし。期待リターンが低い分、コストの差が大きく効いてくる債券インデックスファンド。実際の運用がどうなるかは様子を見ないと判りませんが、このファンドは第一選択候補となるでしょう。

金額買い付け・自動継続(分配金再投資)及び自動積立対象となっています。

このファンドについては、梅屋敷商店街のランダムウォーカーさんでも以前に期待感をもって取り上げられており「三菱UFJ 世界国債インデックスファンド(年1回決算型)」は低コストの予感」、今後も取り扱い証券会社が増えるかもしれませんね。

追記(4/8):4/8よりフィデリティ証券でもノーロードで取り扱い開始したようです。
追記(8/17):8月よりマネックス証券でもノーロード取扱い開始しました。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)