2008年1Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2008年1Qの投資収益率は-16.7%(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、手数料・既払税等込み)、投資信託の購入を始めてからの全期間(2006年2月より)では-15.9%となりました。

昨年末まではかろうじてTotalでプラスでしたが、今年に入ってから一気に含み損が広がりました。

2008年3月末の配分

日本株36%、外国株53%(うちエマージング11%)、外国債券9%、外国REIT 2%

銘柄 コスト 投資収益率(累計) 投資収益率(1Q)
TOPIX連動型上場投信(1306) 信0.1155% -21.3% -15.4%
RN小型コア上場投信(1312) 信0.525% -19.1% -12.7%
インデックスファンドTSP 販0%、信0.53% -9.8% -4.5%
個別株1 -18.2% -26.1%
SPY 0.0945% -29.1% -19.3%
EFA 0.35% -26.9% -18.6%
EEM 0.75% -8.1% -27.8%
朝日Nvestグーバルバリュー株オープン(Avest-E) 販0%、信1.89% -8.6% -23.3%
PRU海外株式マーケットパフォーマー 販0%、信0.84525% -17.1% -15.6%
FWF エマージング・マーケット 販0%、信1.5% -7.1%  
DIAM中国関連株式オープン(チャイニーズ・エンジェル) 販0%、信1.68% +157.8% -202.1%
HSBCブラジルオープン 販3.15%、信1.995% +19.6% -39.3%
中央三井外国債券インデックス 販1.05%、信0.735% +6.1% -5.8%
DIAMワールド・リート・インカム 販0%、信1.58% -18.9% -14.4%
STAMグローバルREITインデックス 販0%、信0.83% -4.7%

含み損は金額的には結構な額になってきましたが、想定の範囲ですので大して気にしていません(始めた頃に比べると成長したものです)。こういう場面でも、長期の株高を信じてお気楽でいられる点は、インデックス投資の良いところです

今期は特にETFへのリレーなど無く、売ったファンドはありませんでした。元本は自動積立により着々と増やしており、新たに「FWF エマージング ・マーケット・ファンド」と「STAMグローバルREITインデックス」が加わっています。

当面は今のペースを維持していくのが自分にとっては良さそうです。というか、仕事の方が切羽つまっていて、もう1Qが終わってしまった。。。と、手一杯なのですが(苦笑)

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)