SBIカード改悪!しかしSBI証券投信マイレージの優位性は今のところ変わらず

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

SBIカードと言えばポイント高還元率の年会費無料カードでしたが、諸々のサービスについて大幅な改悪の案内が出ました。

年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料率等改定のお知らせ(抜粋)

2015年10月1日に年会費およびSBIカードポイントプログラムの変更を含む商品改定を行います。改定内容の詳細につきましては、以下の内容をご確認ください。現在ご利用中のSBIレギュラーカードにつきましても、2015年10月1日より改定後の商品内容が適用となります。

年会費:永年無料→初年度:無料 次年度以降:972円(税込)
*ただし「年間利用金額10万円以上」で次年度無料

キャッシュバック交換レート:10,000ポイント12,000円(1.2%)→10,000ポイント5,000円(0.5%)

SBIポイント交換レート:
サークルプラスポイント:SBIポイント1:1→10,000:4,200

その他にも色々と変更がありますが、端的には年会費無料が10万円以上利用が必要となった点と、カード利用ポイントの還元レートが1.2%から0.5%に、SBIポイントへの移行についてはキャッシュバックよりもさらに悪い条件となってしまいました。

メインカードとして使うメリットは一つとして無い状態ですね。
最近経営母体も変わり、リニューアルをするのはわかるけど、これは既存客を切り捨てにかかっているレベルでは?

スポンサーリンク

さて、SBI証券には対象投資信託の保有額1,000万円以上で保有額の0.2%(年率)が、1,000万円未満で0.1%のSBIポイントが付与される「投信マイレージサービス」があります。

で、SBIカードホルダーに限ってはSBIポイント10,000ポイント=12,000円で交換可能であり最大で投信保有額の0.24%が還元されるなど大盤振る舞いでした。(注 SBIポイントの換金レートは変わりません。SBIカードのサークルポイントからSBIポイントへの交換レートが下がります。

1,000万円の投信の保有で年間2万4千円の現金還元です。
SBIカードを持っていない場合は2万円なのでその差4千円。

投信の保有額にもよりますが、年会費¥972円を払ってもSBI証券で投信を保有する人は、SBIカードを持つ事のお得さは今のところ変わりありません。

年会費が嫌なら10万円分何か使えば良いだけだし。

私はSBIレギュラーカードを保有していて、ほとんど使っていない(ドル決済専用)状態ですが、当面はこのまま保有を続ける予定です。



応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. とおりすがり より:

    SBIポイントは現行のまま10000ポイント→12000円還元のようですよ

    • じゅん@ より:

      >とおりすがりさん
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りSBIポイントの還元レートは変わりません.
      わかりづらい内容でしたので、記事中に追記しました。