運用目標(金額)とポートフォリオ

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

前回「運用目標ってどう考えているのでしょうか?」という話では、運用目標(金額)について書きました。

で、これなら実際のポートフォリオはもっとリスクを減らしてもいいんじゃないの~?という話に繋げようかと思っていたのですが、良く考えると、計算上の仮定の収益率を基に目標金額を達成できるポートフォリオを組むのは、とてもおかしな話に思えてきました。。。。  

スポンサーリンク

実際の運用成果がどれ位になるかはそれが出るまで判らない訳です

という訳で、目標金額からポートフォリオを決めていくという考えは危険かも?!

運用目標(金額)はあくまで到達度を知る目安であり、実際のポートフォリオは「投資目的とリスク許容度」から考えるというのが、やはりスマートなやり方でしょうか。

「投資目的とリスク許容度」と言うのは運用方針の核となる部分。運用目標金額がどうこうという話をする前にこちらの方が大切でしたね。
その辺りもまた、基本から考えてみたいと思います。

ウェルスナビ☆ロボアドバイザーによる国際分散投資×自動積立投資

いつも応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)