楽天証券・投信積立サービス開始

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

本日より楽天証券にて投信積立サービスが開始され、その詳細も明らかになりました。ただし、今のところ「分配金受取コース」のみで、「分配金再投資コース」の積立サービスは、2008年4月末の開始予定との事ですので、手間をかけずに再投資し複利効果を活かすにはもう少し待った方が良いですが。

目標達成に向けて確実に元本を積み上げていくのは、かなり強い意志が必要だと実感していますので、気分に左右されやすい私なんかには、この様なサービスの利用の可否が、証券会社選びの際の重要なポイントだと最近は感じています。

対象は本日現在、48銘柄

メジャーなインデックスファンドでは、「PRU・海外株式マーケット・パフォーマー」「ステート・ストリート外国株式インデックス・オープン」「PRU・海外債券マーケット・パフォーマー」などが対象となっていますね。

フィデリティ証券では現在積み立て対象170本以上、SBIイートレード証券で100本という事ですので、銘柄選択の自由度という点ではまだまだこれからと言った所。

積立買付金額は1万現在積み立て対象円以上1円単位、日付指定は月1回、毎月1日~28日のなかから希望日を設定可能。MRF口座より引き落とされます。

スポンサーリンク

積立条件の変更・解除は、ログイン後web上から可能という事で利便性が良いのですが、この点は一長一短かもしれません。
株価急落で怖くなり、「今月は積立ヤメ!」とか、今月は遊びにお金が多く出ていきそうなので「積立額減らしておこう」、なんて簡単に手続きができてしまっては。。。

マネックス証券やフィデリティ証券の様に、給料が入ったら銀行口座より引き落とされて強制積立。この場合手続きも書類を出す事になるので、そう気楽に中止・開始できない。というシステムの方が、最終的にはお金を貯められるかもしれません(マネックスではMRF引き落としも選べます)。

 どちらにしても、自動積立にする事で、株価も為替も何も気にせず放置。楽チンです。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事