MSCI 中国A株の新興国株指数採用を見送り

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日、「中国A株をMSCIは採用するか?10日早朝発表予定」という記事を書いていましたが、結果として今回は、MSCIによるA株採用は見送りとなりました。

いやいや、条件付きで採用と前向きに捉える考えもありますが、採用する条件として中国での外国人投資家の投資枠の拡大や流動性の向上となっていますので、どこまで実現可能かは、正直わかりません。

上海A株指数は指数への採用を先取りしてか、この1年間で2倍以上に急騰しているので、採用タイミングは今じゃない方が良いという話もあります。結末を見守りたいと思います。

個人的には採用されてもされなくてもどっちでも良いのですが、バンガードVWOはA株を組入れ、MSCIを指標にする新興国インデックスファンドはA株を組み入れないという、採用指数次第という歪んだ状態が続くのは好ましくない様に思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)