マネックス資産設計ファンド(育成型) 第一期運用報告書

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

妻が積み立てている「マネックス資産設計ファンド<育成型>」ですが、1月11日に第一期決算があり、1年間の運用報告書がUPされていましたので、例によって簡単にチェックしてみました。

1.運用実績
今期の騰落率は-8.8%
国内外の債券マザーファンドが上昇したものの、国内外の株式およびリートマザーファンドが大きく下落したため、基準価額は下落したとされています。

各マザーファンドの状況。
国内株式 -19.22 % (TOPIX配当込み -19.27 %
外国株式 -4.09 % (MSCIコクサイ・インデックス配当込み -4.08 %
日本債券 +2.92 % (NOMURA-BPI総合 +2.96 %)
外国債券 +3.88 % (シティグループ世界国債インデックス +3.46 %)
国内REIT -18.77 % (東証REIT指数 -18.99 %
外国REIT -30.0 % (S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス -29.96 %

債券を除く全てのクラスがかなり下げている状況で、トータルでは1割以下のマイナスで済んでいるという事は、分散投資の賜物です。指数との乖離も比較的小さく抑えられていると思います。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬 96円
売買委託手数料 0円
有価証券取引税 1円
保管費用等 2円
合計 99円

信託報酬=期中平均基準価額×信託報酬率(0.9975%)より平均基準価額を算出すると約9624円となります。これより今期の実質の保有コストは1.03%でした。問題なし。

3.売買の状況
今期売買高比率
国内株式パッシブ・ファンド・マザーファンド 0.5
外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド 0.74

4.利害関係人との取引
売買委託手数料総額に対する利害関係人への支払比率 0.6 %

一応、今回が初めての決算と言うことで、特にコスト(信託報酬以外の隠れたもの)がどうなっているか気がかりでしたが、これについては特に問題なく健全に運用されているようです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)