フィデリティ投信にてSTAMインデックスシリーズ(REIT)取り扱い開始

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

地味にファンドの品揃えの良いフィデリティ証券ですが、本日より「住信-STAMインデックスシリーズ」のうち、REITインデックスファンドの2本(STAM J-REITインデックス・オープン及びSTAM グローバルREITインデックス・オープン)の取り扱いを開始すると案内が出ていました(もちろんノーロード)。

これらのファンドは「SBI ファンドバンク開業-ローコスト・インデックスファンド大集合」で紹介したように、現行では購入手数料&信託報酬が、各投資対象内で最も安いファンドの一つとなっています。

特にREITインデックスファンドは、これまでコスト面で満足なものが無かった為に、需要があると判断されたのでしょうか。私もREITファンドの積立を、今月より「STAM グローバルREITインデックス・オープン」に変更しました。

私は現行とおりSBI証券で積み立てて行こうと思いますが、フィデリティ証券での「ステップ・BUY・ステップ」積立は、SBI証券と違い、銀行引き落としになりますので、そちらの方を好む人も居るでしょう。純資産額の面からも販売窓口が増える事は大歓迎です。

追記(2/28):新幹線さんよりコメント頂きました。3/12より住信-STAMシリーズの全部の商品を取り扱うことになるようです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)