2015年1Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

期末恒例の運用状況の確認です。

リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2015年1Q)の投資収益率は+0.90%。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+23.5%とほぼ史上最高値となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)

現在のリスク資産の配分は、日本株8%、外国株50%(先進国株31%、新興国株19%)、日本債券32%、外国債券10%


ファンドの海さんのツールで計算すると期待リターン4.36%、リスク12.14%(年率)となっています。

なお、流動性資金と定期預金は上記のリスク資産とは別勘定としており含んでいません。また、生活防衛資金として家計支出2年分を定期預金で別途キープしており、金融資産全体で考えるとリスク資産に含めているものはおおよそ1/3程度です。

現在のリスク資産ポートフォリオは以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

日本債券

外国債券

毎月の積立について、金額・銘柄ともに変化ありません。そろそろ高値圏かなぁという気もしなくは無いですが、私の思い込みとは違う方向へ動く事の方が多いので、相場観は入れずに淡々と積立を行います(自動積立じゃなかったら邪念が出そう)。

ですが一応「暴落」というレベルの下げがあれば今年分のNISA口座に突っ込める待機資金は手元にあります。

4月27日にニッセイAMから<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスオープンが加わるという話が出ていますが、信託報酬率0.29%(税抜)で最安になりますので積立銘柄の変更を検討します。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)