ブラジルで2014年サッカーW杯開催決定

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

国際サッカー連盟(FIFA)は30日、当地で理事会を開き、2014年ワールドカップ(W杯)開催国に唯一立候補していたブラジルを選んだ。同国でのW杯は1950年の初開催以来64年ぶりで、南米では78年アルゼンチン大会以来となる。

NIKKEI NETより

2014年ワールドカップのブラジル開催が正式に決定しました。ブラジル Bovespa指数を見る限り、今のところ株価には影響は出ていないようですが、以前よりブラジルでほぼ確定と言われていましたので、今日の発表は折込み済みという所でしょうか。
ワールドカップ開催国の株価は、開催前に上昇するという話もありますし、実際個人消費が増えそうな気もします。
まぁ、まだしばらく先の話ですが、私もブラジルファンドを購入して(わずか全投資額の2%程度ですが)応援しています。
国内で販売されている主なブラジル/ラテンアメリカファンドは以下の二つ。
・HSBCブラジルオープン
販売手数料3.15%(マネックス証券、イーバンク銀行ほか)、信託報酬1.995%、信託財産留保額なし
・ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
販売手数料3.15%(イー・トレード証券、楽天証券、イーバンク銀行ほか)、信託報酬1.8795%、信託財産留保額なし
コストも結構かかりますし・・・万人にお薦めするようなものではないと思いますが、小額から買ってみるには良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)