海外ETF初買付

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

最近の円高・株安に乗じて、SPY30口(楽天証券)とEFA65口(SBI証券)を購入しました。

海外ETFの購入は今回始めてで、楽天証券とSBI証券では微妙に勝手が違いましたので、気付いた事などメモしておきます。

    楽天証券 SBI証券
為替取引 取引最低単位 10,000円以上1円単位 1,000米ドル以上1米ドル単位
レート決定時間 10時、12時、14時 10時、14時
スプレッド 25銭 25銭
米ドルMMF MMFより米株の購入 直接購入可 直接購入不可
米国株式 購入手数料 31.5米ドル 26.25米ドル
注文方法 成行、指値 指値のみ
注文時間 15:00~2:30 18:30~21:00頃及び取引終了時から10:30頃までを除く時間
買い注文単位 10口単位 10口以上1口単位

ところで・・・

今回はこれまで積み立ててきた外株インデックスファンドからのリレー(一部)だった訳ですが、税金や信託財産留保額を引かれ、さらに新規に購入手数料がかかった事で、今現在のパフォーマンスは大きく低下してしまいました。

なんとなく気分が悪いのですが(苦笑)、こうして「%」で日々パフォーマンスを評価してもあまり意味が無いのかもしれません。

今回のETF購入を区切りとして、機械的積み立て&放置の方針へ完全に移行するよう考えたいと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)