iシェアーズシリーズ(海外ETF)新たに14本を金融庁に届出完了 

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

新たな海外ETF(14本)が金融庁へ届出完了と報道されました。

バークレイズ・グローバル・インべスターズ・グループ(BGIグループ)は、国内初となる商品先物指数連動型ETF(上場投資信託)の提供を開始する。このほか13本の外国籍ETFも同時に投入し、日本におけるETFの取り組みを加速する。
18日付で金融庁への届出を完了した。14本はいずれも米国で上場し、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P社)社が公表しているコモディティ指数、グローバル・セクター指数などに連動するもので、日本ではメリルリンチ日本証券や楽天証券などが販売する。 
今回の追加により日本で提供する外国籍ETF「iシェアーズ」シリーズは40本に拡大する。

今回、届出が完了したものは以下の14本。
グローバル
・ iShares S&P Global 100 Index Fund(IOO)
(S&Pグローバル100インデックスファンド・信託報酬 年率0.40%)
米国株規模別
・iShares S&P MidCap 400 Index Fund (IJH)
(S&P MidCap400インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.20%)
・iShares S&P SmallCap 600 Index Fund (IJR)
(S&P SmallCap600インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.20%)
コモディティ
・iShares S&P GSCI Commodity-Indexed Trust (GSG)
(S&P GSCIコモディティ・インデックス・トラスト・信託報酬 年率0.75%)
グローバルセクター別
・iShares S&P Global Consumer Discretionary Index Fund (RXI)
(S&Pグローバル一般消費財セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Consumer Staples Index Fund (KXI)
(S&Pグローバル生活必需品セクター・インデックス・ファンドセクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Energy Sector Index Fund (IXC)
(S&Pグローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Financials Sector Index Fund (IXG)
(S&Pグローバル金融セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Healthcare Sector Index Fund (IXJ)
(S&Pグローバル・ヘルスケア・セクター・インデックス・ファンドセクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Industrials Index Fund (EXI)
(S&Pグローバル資本財セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Materials Index Fund (MXI)
(S&Pグローバル素材セクター・インデックス・ファンドセクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Technology Sector Index Fund (IXN)
(S&Pグローバル・テクノロジー・セクターインデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Telecommunications Sector Index Fund (IXP)
(S&Pグローバル電気通信セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
・iShares S&P Global Utilities Index Fund (JXI)
(S&Pグローバル公益事業セクター・インデックス・ファンド・信託報酬 年率0.48%)
S&P500インデックス(IVV,SPY)がアメリカの大型株の指数なのに対し、MidCapは時価総額10億ドル~45億ドルの中型株を、SmallCapは3億ドル~15億ドルの小型株をカバーします。
時価総額だけで考えれば、S&P500インデックスのみで米国株の75%を押さえる事ができますが、過去のパフォーマンスは小型>中型>大型の順であり、適宜組み合わせると面白いのではないでしょうか。
ちなみにここ5年のシャープレシオはS&P500 0.0997、MidCap400 0.1858、SmallCap600 0.1832と中小型株が良い成績を上げています。
比較
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法」さんでは、コモディティ(GSG)とグローバル100(IOO)に注目されています。
追記(7/2):早速、楽天証券にてこれら14銘柄が取り扱われるようです。7/9(月)約定分より。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)