SBI証券 海外ETF取り扱い開始

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

SBI証券のHPに海外ETF取り扱い開始の旨、正式に発表きました!米国市場のETFは6/19(火)注文分より、香港市場のETFは6/26(火)注文分より受け付けるとの事。

取り扱い銘柄はサプライズはありませんでしたが、こちらのリストの通り、IVV/EFA/EEMはおさえています。

その他、システム上の違いについては以下の様な感じでしょうか。

主なメリット
・米国株1000株までの購入手数料は1注文25米ドル(税込26.25米ドル) ※楽天証券は税込31.5米ドル
・配当金は税引後ドルで入金 ※楽天証券は強制円転

主なデメリット

・ドル買いは1,000 米ドル以上1 米ドル単位 ※楽天証券は1万円以上1円単位
・米ドルでの入出金不可 ※楽天証券は可能

SBI証券と楽天証券ではどちらも一長一短となっています。
先駆けである楽天証券を応援したい気持ちがある一方で、楽天証券のシステム不備に対して行政処分が行われていますし、日本格付投資情報センターの格付けではSBI証券BBB+、楽天証券BBBと、1ランク落ちる点もどう評価しましょうか。

ドルの端数が分散するのは性格上気になりますが、両方で分けて購入しても良いかな。口座はどちらも開設済みですし、すぐにETFを買う訳でも無いのでじっくり様子を伺いたいと思います。

周りの皆さんはどう考えているのでしょうか?

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「イートレ、海外ETF取扱開始を正式発表!
ホンネの資産運用セミナー「海外ETF販売開始をイートレードが正式発表
音楽とバイクと、ちょっとばかりのお金「イー・トレード証券

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)