マネックス証券 新たに6ファンド追加

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

マネックス証券で2007年5月31日(木)より、新たに6つのファンドが追加されます。

・ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド
・年金積立インデックスファンド海外債券
・HSBCアジア・プラス
・HSBCアジア・プラス(3ヵ月決算型)
・損保ジャパン・フォルティス・トルコ株式オープン(愛称:メルハバ)
・ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)

もちろん注目されるのは「年金積立インデックスファンド海外債券」です。

これまでマネックス証券ではまともな低コストの債券ファンドがありませんでしたからね。他社に比べ加えるのが遅すぎな気がしますが、米国が利下げに動きそうなこの時期、外貨MMFからの乗り換え需要などみこしての事なのでしょうか。

このファンド、以前に「外国債券インデックスファンド ラインアップ」としてまとめたように、なかなか使える債券ファンドだと思っています。

(※ 当然、ノーロードで来ると考えていますが、今の所販売手数料に関する記載はありません。追記:年金積立インデックスファンド海外債券及びメルハバはノーロード販売となったようです。

以下のブログでも、同じく今回の追加発表に関して「年金積立インデックスファンド海外債券ファンド」が注目されています。

参照梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開始

参照ホンネの資産運用セミナー「マネックスが海外債券インデックスファンドの販売を開始

ウェルスナビ☆ロボアドバイザーによる国際分散投資×自動積立投資

いつも応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)