マネックス証券 新たに6ファンド追加

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

マネックス証券で2007年5月31日(木)より、新たに6つのファンドが追加されます。

・ブラックロック・US・ユーロ債券ファンド
・年金積立インデックスファンド海外債券
・HSBCアジア・プラス
・HSBCアジア・プラス(3ヵ月決算型)
・損保ジャパン・フォルティス・トルコ株式オープン(愛称:メルハバ)
・ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)

もちろん注目されるのは「年金積立インデックスファンド海外債券」です。

これまでマネックス証券ではまともな低コストの債券ファンドがありませんでしたからね。他社に比べ加えるのが遅すぎな気がしますが、米国が利下げに動きそうなこの時期、外貨MMFからの乗り換え需要などみこしての事なのでしょうか。

このファンド、以前に「外国債券インデックスファンド ラインアップ」としてまとめたように、なかなか使える債券ファンドだと思っています。

(※ 当然、ノーロードで来ると考えていますが、今の所販売手数料に関する記載はありません。追記:年金積立インデックスファンド海外債券及びメルハバはノーロード販売となったようです。

以下のブログでも、同じく今回の追加発表に関して「年金積立インデックスファンド海外債券ファンド」が注目されています。

参照梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開始

参照ホンネの資産運用セミナー「マネックスが海外債券インデックスファンドの販売を開始

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. マネックス証券

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    さて、昨日は19日に口座開設を申し込んだ証券会社のうち、最後のそれに当たるところ

  2. マネックス証券で海外債券インデックスファンドの販売開始

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    梅屋敷商店街のランダムウォーカー さんのところで紹介されていましたが、マネックス証券で、5月31日より「年金積立インデックスファンド海外債券」が発売されます。海外債券のインデックスファンドと聞いて思い出すのが、「PRU海外債券マーケットパフォーマー」ではない

  3. マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開始

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券が、5月31日より「年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」の取り扱いを開始するようです。年金積立インデックスファンド海外債券は、シティグループ世界国債インデックスに連動する、外

  4. 年金積立インデックスファンド

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券から 2007年5月31日(木)より、新顔が一挙6本登場です。そのなかで「これはっ!」と思えるのが年金積立インデックスファンドでしょう。さっそく「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で紹介されています。

  5. 極私的な体験からの大胆予想

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券が【年金積立 インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)】の取扱いを始めるニュースについては、当ブログと相互リンクさせていただいているブログの多くで既に取り上げられています。マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開サ

  6. 年金積立インデックスファンド海外債券は変

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券が「年金積立インデックスファンド海外債券」の取扱を開始する、ってことが話題になっているみたい。今まで海外債券のファンドと言えば、我々の選択肢はたった1つ。信託報酬が安く、分配金を年1回のみの

  7. マネックスが海外債券インデックスファンドの販売を開始

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券が年金積立インデックスファンド海外債券の販売を開始することになった。そう言えば、以前、本ブログ記事「内藤忍の資産設計塾・実践編」の問題点では、以下の指摘をしたことがあった。

  8. 高知 より:

    ノーロードかつ定期積み立て可能でくるならば、投信SCやイーバンク、ソニーなどより価値あり。
    そうでなければ、信託報酬を勘案しても必ずしや活用するところではない、といったところでしょうか。
    外貨MMFよりか、長期金利に連動するため有利でしょうが。

  9. じゅん@ より:

    >高知さん
    ノーロードかつ定期積み立て可能であっても、既に投信SCやイーバンクに口座を持つ方が、わざわざマネックスに口座を開く必要は無いと個人的には思います。
    ただ、現在マネックスがメインで損益通算の予定がある方(イーバンクは特定口座ではないですし)には、1社で完結して良いのではないでしょうか。

  10. 販売会社別インデックスファンド一覧

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    販売会社別で最も低コストのインデックスファンドを一覧にしてみました。●[http://www.toshin-sc.com/ 投信スーパーセンター](積立購入可) (1)日本株インデックスファンド   ・[http://www.nam.co.jp/fundinfo/nto/main.html ニッセイ TOPIXオープン]

  11. マネックス証券

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-306-0705261241.html
    マネックス証券なにやらマネックス証券ですごいことができそう。 本格的なプログラムトレード 「マネックストレーダー プロα 」には、日本で初めて本格的なプログラムトレード機能を搭載しています。専用エディタを使用し、関数を定義してプログラミングすること …(続き、