楽天証券 アメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)取扱い開始

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

梅屋敷商店街のランダムウォーカー・水瀬さんが逸早く記事にされていますが、楽天証券がアメリカン証券取引所上場ETF(DIAMONDS、SPDR)の取扱いを、5月2日から開始すると発表されました!
プレスリリース
今回、楽天証券で新たに取り扱われるETFは以下の二つ。
DIAMONDS Trust Series1(DIA)
(ダウ工業株30種平均連動(米国株式)・信託報酬 年率0.18%)
SPDR Trsut Series1(SPY)
(S&P500指数連動(米国株式)・信託報酬 年率0.0945%)
S&P500指数に連動する「SPY」に関しては、以前より取り扱われている「iSHARES TRUST-iSHARES S&P500 INDEX FUND (IVV) 」と被りますが、
「IVV」の出来高(3ヶ月平均)が1,330,390口なのに対し、「SPY」の出来高は98,777,500口と、「SPY」の方が人気があります。一方、指数への連動性から「IVV」が好まれるケースもあるようです(いずれちゃんと検証してみたいと思います)。
こうして着々と海外ETFのラインナップが増えている事は大変喜ばしい事です。次は純粋なヨーロッパETFの番でしょうか。
もう一つ、ニュースは「AMEX上場ETF取扱記念!外国株式ポイントバックキャンペーン」として、5/2(水)~7/31(火)までのキャンペーン期間中に、海外ETF、ADR、米国株式、中国株式の購入者を対象に毎月抽選で100名様に楽天証券ポイント3,000ポイントがプレゼントされるそうです。
抽選というところが微妙ですが・・・この期にETFへの乗り換えを実行しても良いかもしれませんね。私自身は、リレー用の積み立てをのんびりと行っており、まだ目標額まで達していないのですが、ボーナス時期に重なるということで少し心が揺れます(まぁゆっくり考えます)。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)