大証 ETFの多様化への対応を目的とした規則改正

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日の「大証、外国株指数連動型投信を上場へ」の記事の後、大証ではパブリック・コメントを募集し意見を募っていましたが、制度要綱を変更すべき意見がなかったと言う事で、原案どおりとし、本日より関連諸規則の一部改正が施行されました。
大証リリース「ETFの多様化への対応を目的とした上場制度の見直し等に伴う関連諸規則の一部改正等について」
簡単に内容を振り返ると、
①外国株価指数に連動するETFの上場を可能とするための見直し
②金価格等の特定指標に連動するETFの上場を可能とするための上場制度の創設
③上場賦課金体系の見直し
と、言う事で今回の発表は規則の改定のみです。
実際に外国株価指数に連動するETF上場のニュースはもう少し先になりそうですが、確実にETFをめぐる環境は我々にとって良い方向へ進んでいるようです。
以前より噂の「金ETF」が一番に来ますかね。
オーソドックスにダウやS&P500などに連動するものが上場してくれれば良いのですが、いつになる事か。。。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)