セゾン投信でました-セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

様々なブログで話題になっていました「セゾン投信」の商品第一弾が発表されました。

セゾン投信は、きょう、同社として1本目となる公募投信「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の届出を行った。ファンドの設定は3月15日。
 同ファンドは、米国バンガード社の国内外の株式市場及び債券市場を投資対象としたインデックス型の外国投信への投資を通じ、世界30カ国以上の株式および10カ国以上の債券に実質的に分散投資する。株式と債券に比率は原則として50%ずつ。ファンドの詳細は以下のとおり。

ロイターより

<株式>(かっこ内は投資比率)
・バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(約6%)
・バンガード・U.S.500ストック・インデックス・ファンド(約24%)
・バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド(約16%)
・バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド約4%)
<債券>
・バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約9%)
・バンガード・US・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約20%)
・バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(約21%)
 
信託期間 :無期限
販売手数料  :なし(ノーロード)
信託報酬 :純資産総額に対し年率0.4935%(税込み)
   (残高に応じ、委託0.2709─0.2772%、
           販売0.1806─0.1848%、
           受託0.042─0.0315%)
*投資先ファンドの運営管理費等を含めた受益者が負担する実質的な信託報酬率は純資産総額に対し年率0.78%程度(税込み)
信託財産留保額:0.1%
受託銀行 :日興シティ信託銀行   
販売会社 :セゾン投信(直販)
概略   :年1回決算


株:債券が50:50のバランスファンドというのはどうか??と思う面もありますが、運用手数料の総額で0.7%台に収めてきた点は素直に評価出来るのではないでしょうか。

現在の外国株・債券ファンドの信託報酬(下記記事参照)に比べると、最も安い部類になります。

・外国株インデックスファンド ラインアップ
・外国債券インデックスファンド ラインアップ

このファンドをベースに考えてみるのも面白いかもしれませんね!

(追記22:33)
いやちょっと待った。余計な日本株・債券が計15%、そこにも無駄に信託報酬を払っている訳なので、実質的なところは0.78%よりも割高と言う事ですか?あわてて飛びつくのは早計かも?
そもそもバンガードを個別に購入できれば払わなくて良いコストをFOFであるが為に、払わなければならないという点は納得しづらい点です。
実際に購入するかどうかは、もう少しよく考えてからかな。

(追記23:40)
バンガードのサイトを探し回り、ようやくこれらのファンドのFact Sheetを見つけました。これから読んでみます。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)