欧州株ファンドの検討

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

ヨーロッパ株価指数に連動するETFと言えば、ユーロネクストに上場している「streetTRACKS MSCI Europe (Expense Ratio 0.5%)」が日興コーディアル証券から買えるそうですが、ネット注文に対応していない、外国証券取引口座管理料、為替スプレッドや購入手数料など、とても私には現実的でない状況。
では、インデックス型の投信は?というと「MSCIインデックス・セレクト・ファンド ヨーロッパ・ポートフォリオ」というものがあるのですが、現在募集を行っていません。。。
無いものは仕方が無いので、アクティブファンドとなるのですが、代表的な欧州株ファンドでネット証券で購入できるものをピックアップしてみました。
① ピクテ・ヨーロピアン・オープン
販売手数料3.2%(SBI証券)、信託報酬1.84%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 102.7%
  • 純資産 1,377百万円
  • 前期分配金 なし
  • 前期総費用 150円(注:年2回決算なので半年分)

② フィデリティ・欧州株・ファンド
販売手数料2.1%(カブドットコム証券)、信託報酬1.53%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 101.4%
  • 純資産 14,334百万円
  • 前期分配金 なし
  • 前期総費用 245円

③ドイチェ・ユーロスター・オープン
販売手数料3.15%(投信SC、マネックス証券)、信託報酬1.575%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 94.6%
  • 純資産 6,324百万円
  • 前期分配金 なし
  • 前期総費用 173円

④ HSBC ヨーロッパオープン
販売手数料 1.575%(カブドットコム証券)、信託報酬1.68%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 89.6%
  • 純資産 626百万円
  • 前期分配金 400円
  • 前期総費用 383円(2005年12月決算)

⑤ ブラックロック欧州株式オ-プン
販売手数料3.2%(投信SC、SBI証券)、信託報酬1.7955%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 89.3%
  • 純資産 1,960百万円
  • 前期分配金 なし
  • 前期総費用 227円(注:年2回決算なので半年分)

⑥ コメルツ・ヨーロッパ株式ファンド
販売手数料2.1%(投信SC)、信託報酬1.5750%、信託留保金なし

  • 過去3年リターン 75.5%
  • 純資産 1,858百万円
  • 前期分配金 200円
  • 前期総費用 99円(注;年2回決算なので半年分)

※ 数値は主に「DFC Fund Guide(大和ファンドコンサルティング)」より。
この中から選ぶとすれば、「フィデリティ・欧州株・ファンド」が最もコストに対するリターンが良さそうです。カブドットコム証券での販売手数料が安いですが、マネックス証券でも取り扱いがあり、おなじみの手数料無料キャンペーンが行われた際に買うのも良いかもしれません。
しかしまぁ、「フィデリティ・欧州株・ファンド」の昨年11月の運用報告書を見ると、この成績でも過去3年、インデックス(MSCIヨーロッパ・インデックス)にわずかに負けている訳です(分配金込み)。インデックスに負けているファンドがこれだけある事からも、なんだかなぁと思わざるを得ません。
これらの検討は元々、現在私が購入しているMSCIコクサイを指標としたインデックスファンドから、米株ETFとヨーロッパファンドに切り替えて世界分散するのはどうか?というところから始まっているのですが、どうも現時点では切り替えは私にとっては得策では無いような・・・・
もう少し検討を続けます。
(3/9 追記:楽天証券にて、ヨーロッパも含むETFの取り扱い開始が発表されました。)

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)


コメント

  1. 新幹線 より:

    一応、私はヨーロッパポートフォリオを現在17万円分保有しているため、それを補う形でアメリカETFを検討していました。しかし、募集が停止されているとなると、いずれ償還となる可能性もありますから、このようなヨーロッパ投信の記事とかは大変参考になります。
    なお、国際市場におけるアメリカ:ヨーロッパ比は3:2程度のようですから、アメリカのETF(I-Shares S&P500 Index Fund)を購入してフィデリティ・欧州株も購入した場合、信託報酬は(0.09%*3+1.53%*2)/5=0.666%となります。この試算結果を見る限り、国際インデックスファンドを購入するより、まだ信託報酬は安くなるみたいですが…・・・。

  2. じゅん@ より:

    計算ありがとうございます。試算して頂いた通り、信託報酬の面ではアメリカのETFとフィデリティ・欧州株の組み合わせがまだ安くなるようですね。
    ただ、引っかかるのは、欧州株ファンドがアクティブファンドという点です。「敗者のゲーム」に感化されて投資を始めた私としては、信託報酬の差額くらいは簡単に吹き飛ぶのではないかと・・・

  3. staygold より:

    こんばんわ。
    私も、同じ様にヨーロッパ株のコストが低いファンドを探してみましたが、なかなか信託報酬の低いものはなかったです。
    ヨーロッパのインデックスファンド欲しいですね。

  4. じゅん@ より:

    そうなんですよね。
    ヨーロッパのインデックスファンドが無いのは不思議です。
    が、ETFでもExpense Ratio 0.5%というところを見ると商品にしづらいのでしょうか。
    バランスファンドが流行っている位なので、需要も一部の人以外は見込めないのかもしれません。

  5. 優柔不断で貧乏性な私の投資信託選び

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-238-0701232303.html
    1月中旬に、私がマネックス証券で保有していた三菱UFJグローバルスターオープンが償還になりました。償還になったらそのお金は、同じく世界の株に投資するトヨタアセットバンガード海外株式ファンドに投資しようと思って