米ファイザー 1万人削減へ 愛知の研究所を閉鎖

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

明日は我が身か。。。。

米医薬品大手ファイザー(PFE)は22日、2008年末までに年間15億-20億ドルのコスト削減を目指し、世界で全従業員の約1割に当たる計約1万人の削減を柱とするリストラ計画を発表した。
 計画では愛知県武豊町の中央研究所とフランスの研究機関の閉鎖、ドイツの工場売却を検討。米国内の2工場と3つの研究機関を閉鎖する。ファイザーの日本法人によると、中央研究所の閉鎖は決定事項で、研究所の従業員約400人の処遇について「詳細は決まっておらず、今後、慎重に検討していく」としている。

東京新聞より

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)