米国株ETFについて

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

昨年10月より楽天証券にて米国株ETFが外国株扱いで購入可能となっていますが、既に多くの方のブログで紹介され、実際に購入の検討もなされています。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドからI-Shares S&P500 Index Fundへメインファンド乗り換え検討 (その3)

株をはじめる前に読むブログ
楽天証券での海外ETFの買い方

一応、私の今年の目標の一つとして、パッシブ外国株クラスの投資額の一部をETFに移したいと考えているのですが、例によって購入金額が高い事に加え、購入手数料が1000株まで一律31.45ドルと、ある程度まとまった口数を購入した方が良い事から、現時点では購入を見送っています。

また、最近のネット系証券会社での海外ETF取り扱い銘柄増加傾向(インド株ETFも買えるようになりましたね!)を見ていると、もしかしたら昨年報道された「海外ETF 届出義務廃止」が本当に実施される可能性が高く、顧客の囲い込みが始まっているのか?などと考えてしまいます。

海外ETF 届出義務廃止
2006年6月15日(木)日経新聞7面より
金融庁は2007年夏にも、海外で上場している「ETF(株価指数連動型上場投資信託)」を国内で販売する際、発行主体となる外国運用会社に義務付けている届出制を廃止する方針を固めた。
日本語資料を求める届出制はコスト負担が重く、事実上の参入障害になっていた。規制緩和により国内の個人投資家も購入しやすくなる。

円安もありいずれにしてももう少し様子を見るつもりですが、今後の為に現時点で楽天証券で購入できる米国株ETFについてまとめておきます。

① iSHARES TRUST-iSHARES S&P500 INDEX FUND (IVV)
Expense Ratio 0.09%・単元数 10口

アメリカの代表的な株価指数であるS&P500(ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数)に連動する。S&P500に連動するETFと言えば、SPDR(SPY)の方が売買高が大きく有名であるが、インデックスへの連動性などから、こちら(IVV)が好まれる場合もあるようです。
現在値は143.22$。前記の通り販売手数料は一律$31.45/回(1,000株まで)の為、最低口数の10口の購入では約2.2%の購入手数料となる。また、為替手数料は別途片道25銭。円高時にドルに換金してMMFで保有しておくのが良いか。

② NASDAQ-100 TRUST,SERIES 1 (QQQQ)
Expense Ratio 0.20%・単元数 10口

NASDAQ-100(マイクロソフトやインテルなど米国を代表するハイテク株が上場しているNASDAQ市場において取引されている非金融業の代表的100銘柄のインデックス)に連動する。
現在値は44.17$。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)