相場を気にするよりもリバランスの検討を

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ブログ「中長期投資de資産運用」のfukuriさんが興味深い記事を書かれています。
上昇相場で積み立て投資を変更していいのか。

最近株価もドルも急に上昇して高く感じるけど本当に高いのか?下げ相場でコツコツ投資した人々が、上げ相場でコツコツ投資できないというのはなんでなんだろねというお話です。

私は以前より相場観を入れたくないので完全に自動で積立をしているだけですが、世の中的にはここに来て積立を止めたり額を減らしたくなる人も結構いるのかな。

まぁ、もし本当に株式がずいぶんと値上がりしてしまっているのだとしたら、アセットアロケーションの比率も崩れているだろうし、積立てを止めるよりもリバランスの検討が先のように思います。

今が割高、割安とわかる人はその通りに判断すれば良いと思うけど、誰にでもできる「安く買って、高く売る」の極意はリバランス!

私の場合、9月末時点のリスク資産の配分は、日本株7%、外国株46%(先進国株28%、新興国株18%)、日本債券35%、外国債券12%でしたが、今現在で日本株7%、外国株48%(先進国株30%、新興国株18%)、日本債券34%、外国債券11%となっていました。

株式比率は53%から55%へ。

まだ慌ててどうこうするような感じではないですね。

来年のNISA枠の使い方の件もあるし、年末にかけてリバランスで良いのではないかな。積立額は変えませんが、臨時収入があれば追加投入します。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)