確定拠出型の企業年金、本人の拠出解禁

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

 厚生労働省は12日、公的年金(基礎年金・厚生年金)に上乗せする企業年金(3階部分)の一種で、現在は企業しか掛け金を拠出できない「確定拠出年金(企業型)」について、会社員本人の拠出も認める方針を固めた。
 本人拠出は原則、月2万3000円(総額上限の半額)が上限で、税制優遇が適用される見通しだ。少子高齢化で公的年金の先細りが見込まれることから、企業年金の役割を高めることが狙いだ。
 同省は今年中の関連法案取りまとめを目指している。
 本人拠出は、将来に備えてお金を積み立てる点では銀行預金などと似ている。しかし、拠出時には所得控除が認められる見通しで、老後に年金を受け取る際も公的年金等控除が適用されるなど、税制上、大幅に優遇されている点が最大の違いだ。企業にとっても、拠出金は非課税となる利点がある。

Yahoo ニュースより

私の勤務先は確定拠出年金制度を導入していないので、全く関係のない話なのですが・・・この税制優遇制度が利用できる方は羨ましい限りです。
実際に確定拠出年金制度が導入されると、社内でも資産運用の話で盛り上がれるのでしょうかね(現状ではそんな話ができる相手がいません。。。)。

追記(1/13):
zxcvaqさんのブログで紹介されている記事では、厚生省は確定拠出年金以外の企業年金に加入する会社員に、自営業者向けの確定拠出年金(個人型)への拠出を認める方針ともかかれています。
これは実現すれば非常に嬉しい話です。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)