中国株ファンド ラインアップ

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

昨年好調で軒並み70%以上の上昇を示した中国株ファンドですが、今年はどうでしょうか?
世界的な資源価格の軟化と海外からの資金流入増により、中国経済は5年連続10%成長との予想もあります。
が・・・昨年の中国株上昇も年初には予想されておらず、やはり先の事はわからないものです。
2008年北京オリンピック、2010年上海万博と世界的なイベントが控えている事を考えると、まだまだ強く成長するように思っています(最近の過熱感から一時調整するかもしれませんが)。
私自身が購入している中国関連のファンドは「DIAM 中国関連株オープン(チャイニーズエンジェル)」ですが、正直これがbestかどうか判りません(少なくとも現状で不満は無いですが)。
昨年3月にこの投信を選んだ時点では、他との比較でも組み入れ銘柄等に大差は無く(いずれもエネルギー関係にウエイトを置く)、なんとなく選んだものでした。
過去の検討記事が消えてしまった事もあり、ここでもう一度中国株ファンドラインアップをまとめておきます。
① DIAM 中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)興銀第一ライフAM
販売手数料なし(SBI証券)・信託報酬1.68%・信託財産留保額0.3%

  • 過去1年騰落率 94.59%
  • 前期分配金
  • 2,500円

  • 組入れ上位銘柄 中国移動、チャイナライフ、ペトロチャイナ

② 三菱UFJ チャイナオープン 三菱UFJ
販売手数料なし(楽天証券、カブドットコム証券)・信託報酬1.596%・信託財産留保額0.5%

  • 過去1年騰落率 76.6%
  • 前期分配金
  • 1,500円

  • 組入れ上位銘柄 チャイナライフ、ペトロチャイナ、中国移動

③ 三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド 三井住友AM
販売手数料なし(楽天証券)・信託報酬1.89%・信託財産留保額0.3%

  • 過去1年騰落率 71.4%
  • 前期分配金
  • 2,400円

  • 組入れ上位銘柄 ペトロチャイナ、中国工商銀行、中国石油化工

④ 住信 チャイナ・リサーチ・オープン(孔明)住信AM
販売手数料3.15%(SBI証券)・信託報酬1.89%・信託財産留保額0.3%

  • 過去1年騰落率 77.4%
  • 前期分配金
  • 1,000円

  • 組入れ上位銘柄 チャイナライフ、ペトロチャイナ、中国移動

⑤ HSBC チャイナオープン (HSBC
販売手数料3.15%(マネックス証券)・信託報酬1.89%・信託財産留保額なし

  • 過去1年騰落率 81.6%
  • 前期分配金
  • 500円

  • 組入れ上位銘柄 チャイナライフ、ペトロチャイナ、中国移動

⑥ 損保ジャパン-S&P 拡大中国株投信 (損保ジャパンAM)
販売手数料なしカブドットコム証券)・信託報酬1.68735%・信託財産留保額0.3%

  • 過去1年騰落率 46.0%
  • 前期分配金
  • 2,000円

  • 組入れ上位銘柄 ペトロチャイナ、HSBC HOLDINGS、中国移動
スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)