2014年1Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

期末恒例の運用状況の確認です。

リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2014年1Q)の投資収益率は-0.64%。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+13.3%となっています。
(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)

現在のリスク資産の配分は、日本株6%、外国株44%(先進国株27%、新興国株17%)、日本債券38%、外国債券12%

ファンドの海さんのツールで計算すると期待リターン4.01%、リスク10.76%(年率)といったところ。前期に比べて先進国株と新興国株の比率が変わっています(本来目指した比率へ)。

なお、流動性資金と定期預金は上記のリスク資産とは別勘定としており含んでいません。また、生活防衛資金として家計支出2年分を期間長めの定期預金に別途キープしています。

現在のポートフォリオは以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

日本債券

外国債券

タイミングを図るのではなく、完全に放ったらかし毎月定額の自動積立を継続中。積み立て総額は変わりないものの、比率は前期からは微調整しています。

今期はNISAでニッセイ外国株式インデックスファンドを100万円一括購入しています。あまり良い時期では無かったようですが、それでもこの3ヶ月でプラスに推移しています。これはこのまま5年放置と。

仕事が忙しくて休日出勤も続いている位なので、儲かるか儲からないかも判らないお金の事を考える時間をわざわざ取れないんだよね。こういった自動的な仕組みは本当にありがたい。

特定口座の方は当面インデックスeシリーズ中心で行こうと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)