2013年3Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

期末恒例の運用状況の確認です。

我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2013年3Q)の投資収益率は+0.6%。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+2.69%となっています。

現在のリスク資産の配分は、日本株4%(EFA, VTの日本株部分を含む)、外国株47%(先進国株20%、新興国株27%)、日本債券41%、外国債券8%

ファンドの海さんのツールで計算すると期待リターン4.38%、リスク11.41%(年率)といったところ。本来は新興国株と先進国株の比率が逆くらいを目指しています。

なお、流動性資金と定期預金は上記のリスク資産とは別勘定としており含んでいません。また、生活防衛資金として家計支出2年分を期間長めの定期預金に別途キープしています。

現在のポートフォリオは以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

日本債券

外国債券

毎月の積立を継続中。
積み立て金額、比率とも前期と変化なし。

今期は積み立て以外の売買も無く、放ったらかし状態でしたが、唯一手を入れないといけないのが、海外ETFの四半期分配金の扱いです。自動再投資できないのがね。。。

海外ETFについてはマネックス証券では「米国株の特定口座対応について、今期中2014年3月末までを目処として対応する予定」といった情報も出てきていますので、今後の動向に注目。

それから、2Q末に考えていた生活防衛資金の増額を実施しました。今年は運用状況が比較的安定しているし、こういう時に足元を固めておこうと思った訳です。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)