公社債・公社債投信のNISA追加は先送りに後退

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今予定されているNISAの仕組みは「儲かった場合の利益は非課税だが、損をした場合は恩恵が無いどころか、むしろ損益合算ができない分だけ不利」という問題を抱えています。

そのため、個人向け国債のように元本保証のものが組み込めるとありがたいと思っており、当初2016年からとされていた公社債・公社債投信のNISA追加に注目していましたが・・・ロイターによると当面見送りとの事。

 金融庁は、14年1月から始まるNISA(少額投資非課税制度)に、公社債・公社債投信を対象とすることを当面見送る。
関係筋によると金融庁は、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の観点からリスクマネー供給の側面を重視し、実質的な元本保証性商品となる公社債・公社債投信は、NISAの対象になじまないと判断した
当初は16年1月からNISAの対象に追加できるよう14年度の税制改正要望に盛り込む方針だったが、見送ることにした。
将来的に公社債・公社債投信をNISAの対象に加えることは、継続して検討する。NISA開始後の状況を見ながら、その必要性や時期を、あらためて判断する。

仰るとおり、お上の狙いとしては債券ではなく株を買ってもらわないと困ると言う事なのでしょうが・・・株式投資に馴染みの無い人にはやはりハードルが高い話なのだと思います。私の職場や家族などからはいまだにNISAという言葉は一度も聞いたことがない位、全く盛り上がっていませんし。
眠っている預貯金を起こす手段として、公社債のNISA追加を可能にしても良いのではないでしょうか。

リンク先の吊られた男さんが「2014年前半が下げ相場だった場合、NISAは大変になりそう」と書かれていますが、先行きに不安が。いやーどうなる事か。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)