NISA(日本版ISA)口座で何を買う?

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

新しい非課税制度としてNISA(日本版ISA)が来年1月より始まります。

私自身としては何もあわてる必要は無いので、詳細が全部明らかになる頃にこの制度をどう利用するか考えようと、先送りにしていました。
例えばSBI証券の投信マイレージなどポイント付与対象になるのかは明らかにされていませんが、口座開設先の選定に重要な要素の一つですよね(非公式情報では投信マイレージポイント付与対象になるようです)。

が、最近やたらとTVCMが目に付くし、雑誌等でも特集記事が書かれているようなので、私もここらで基本方針を確認しておきます。

基本的な考えとして、来年から証券優遇税制が廃止され譲渡・配当にかかる税率が20%(復興増税含めて20.315%)になるので、NISAで非課税になるのであれば利用しない手はないと思っています。

ただし問題は、必ず5年間のうちに利益を出さなければ非課税の恩恵に預かれないだけでなく、ヘタをすると損になる点。損益通算できないですし・・・下記の下山さんのブログ記事にわかりやすくデメリットがまとめられています。

セルフ・リライアンスという生き方「日本版ISA勉強会に参加しました

実際まだNISAを利用するかどうかも決めてはいないのですが、NISA口座で購入するものとして、

  • 非課税を最大活用するには期待リターンが高いものが原則
  • 但し期待リターンが高くともボラティリティの大きいものは5年を有効活用し辛い
  • 年100万円の枠があるので分配金を出さないものが投資効率が良い
  • リバランスの為に途中売却すると非課税枠から外れる(内部でリバランスが良い)
  • 当然、信託報酬等コストが安いもの

というような事を考えています。
私の場合も妻の場合も、ETFよりは投資信託、株式ファンド単品の組み合わせよりはバランスファンドが良いのではないだろうか。

主要なノーロード低コストバランスファンドは以前の記事で表にまとめていますが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを筆頭に、その他バランスファンドを検討する方向かな。
(セゾンバンガードは良いのだけど、気が変わった特にセゾン投信ではETFが買えないのがね・・・)

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)