株は上がったり下がったりするのが当たり前

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

23日に日経平均株価が1100円以上急落したのに続き、24日も日経平均株価は1000円以上の値動き(最終的に前日終値よりも128円47銭(0.89%)値上がり)となっています。

リーマン・ショック後に投資を始めたような方は「何かをしなければ」と気になっている方も居るのではないでしょうか?

実際のところ、株は上がったり下がったりするのが当たり前で、まぁジタバタと動くだけ時間の無駄かもしれませんよ。

チャールズ・エリスも著書「敗者のゲーム」の中で述べていますが「どっしり構えて動じないことこそ、長期的投資において成功する秘訣である」と私も信じています。

とは言え、何もしないのが良い訳でもなく、暴落時に是非やっておきたいのは、保有資産のリスクの点検です。

参考:「NY株は大幅下落、さて・・・

今回程度の下落で不安を感じて騒いでいる人は、きっとリスクの取り過ぎでしょう。

リスク過剰だと思ったら、バイ&ホールドが信条だろうが一旦売ってでも体勢を立て直した方が良いと思うし、期待リターンは低くても、長く継続できる仕組み作りが大切なんだと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)