どん底の時もコツコツ買い続ける為には

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

最近の円安・株高の損益が改善した人も多いと思います。相場低迷時にもコツコツと時間分散して買い付けてきた投資家が「隠れた勝者」とする日経新聞記事も注目を集めました。

私も2006年よりコツコツと積み立ててきた一人ですが、「どん底の時も積み立てを継続する」というのは実際は頭で思う程簡単な事ではありません。

我が家の場合、2007年6月をピークに損益率が悪化、リーマン・ブラザーズの破綻が2008年9月でしたが、どん底は2009年2月の-46.6%でほぼ半分までリスク資産が減っています。正直、当時は底なんて見えていませんでしたし、この頃積立てを止めた人や消えていった投資ブログも多かったのでは?
更に悪いことは重なるもので、2008年10月にリストラがあり、私の転職先が決まったのは8ヶ月も先の事でした。

この経験から「どん底の時もコツコツ買い続ける為に」私が言える事は、

とまぁ、基本的な話になってしまうのですが、十分な生活防衛資金が無ければどん底で買うどころか売らなければならないハメに。リスク許容度も株高の時は強気に考えがちです。
手動で毎月購入する方法も機械的にやれば良いのですが、実際はどん底では悩む事になるのでは。

長期投資の中で、きっとこの先また株価が暴落することもあるでしょうから、その時は経験を活かして慌てずに対応したいものです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)