2013年1月末 ついにプラ転!

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

普段は上がっても下がってもあまり気にしないのですが、この月末はちょっと違いました。2008年1月以来、実に5年ぶりに我が家のリスク資産への投資収益率がプラ転しました!!

投資収益率

リーマンショック以降、まさかこんなに評価額が落ちるとは当時全く想定していませんでしたが、大底は2009年2月。評価額は-47%まで毀損しました。
当時、どこまで下がるか判らない恐怖感がありました。実際に私はリストラによる転職活動真っ最中で不景気を身に染みて感じていたので、あそこでは定額積立で精一杯。臨時資金の投入なんて・・・

こうして騰落率のグラフだけを見ると、タイミング投資すれば儲かるように思うのですがね。実際に山も谷も経験してきて思うのは、私には無理だ(苦笑)。

チャールズ・エリスは著書「敗者のゲーム」の中で「投資家は『稲妻が瞬く瞬間』に市場に居合わせなければならない」と述べています。

 1989年6月30日にS&P500に1ドル投資した場合、その後1999年6月30日までの10年間でベストの90日間を逃したら、22セントの損が出ていたはずだ。ベストの60日を逃しても利益は30セントしか出ない(ちなみにワーストの90日を回避していたら10年で42ドル78セントの利益が出たはずである)。過去72年のうちベストの5日を逃すと利益は半減してしまう。

今回、ここまで損を回復出来たのも、市場から逃げ出さずに居座り続けた事によると思います。それが出来たのも「生活防衛資金」を別途確保してあった事が大きいかな。
この先また波瀾があるかもしれませんが、動じずに市場に居続けられるよう心がけたいですね。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)